3歳児のオムツはずれ

子育ては「3歳児のオムツはずれ」のイヤイヤ言い出す



イヤイヤ

トイレに行きはじめた時は、ものめずらしさも手伝ってなのか素直に行ってくれたのに、時が経つとなぜか「イヤだ!」「行かない!」と行きたがらず、連れて行っても「出ない!」と素直にトイレをしてくれなくなる場合があります。それで出なければいいのですが、言った後、結局してしまうという親が一番苛立つことがあるのです。お願いだから素直に行ってくれ・・・そう思いますよね。

自立の証拠

もしかすると、トイレ以外のことでも「イヤだ!」ということが増えてきていないでしょうか?そうであれば、反抗期が始まったのかもしれません。こうした時期は何事においても自立心が強いものです。「トイレは自分が行きたいときに行く!」「今は行きたくない気分」などの意思表示ですので、これはできなくなっている後戻りではなく、子供の自立心の進歩の現れですので、心配しないようにしましょう。

このサイトならグルコサミンの成分情報などを知る事ができます。

受け止めてあげる

子供の成長のためですので、もし、それで失敗しても「だから、言ったでしょ!」などと怒らないようにしましょう。「また出るときは教えてね」と子供のタイミングを受け止めてあげましょう。子供は自分で「行きたい!」と教えてくれるようになるはずですよ。こうしたことは、珍しいことではなく、子供の成長段階では当たり前のことなんだというおおらかな気持ちを忘れないことが大切ですね。