3歳児のオムツはずれ

子育ては「3歳児のオムツはずれ」のうんちの場合



最大の難敵

オムツはずれの問題において、最大の難敵がトイレでうんちをさせることです。これが一番難しいことなので、焦らず・急がず・あきらめずに取り組んでいかなければなりません。この分野の最大の問題点は、定期的ではないということなのです。おしっこと違って予測が立てられません。しかも、トイレに連れて行ってから出るまでに相当時間がかかり、親のほうが根負けしてしまいます。

教えられない

さらには、「トイレでするのがいや」という気持ちがあるのか、うんちが出る前になかなか教えてくれません。更には子ども自身が“いきたいな!”と思っている間にすでに出ている場合や、親に知らせに行こうとして探している間に出してしまっている場合も少なくありません。また、時間を決めてトイレに連れて行っても、まだ、トイレをしようという体制に入っていない場合が多々あります。でも、慣れていない親は、子供が嫌がっているだけと考えて出すまで粘る人もいます。失敗したくないという気持ちが働きますので、親の気持ちはよく解ります。とはいっても、この場合、無理やりトイレに連れて行ったり、出るまで頑張らせるというのも良くありません。ですから時間がかかるのです。

根気が大事

ですから、トイレでうんちができるようになるには相当の根気が大事です。例えばお腹が痛そうなしぐさをしたら、「トイレに行ってみようか?」と聞いてみたり、「お尻がむずむずしたらおしえてね」といい続けることでいつの間にかできるようになる場合があります。大切なのは無理強いをせず、優しくトイレに誘ってあげること・・・あんまり怒ると、トイレ自体に行きたくないという気持ちになりかねないからです。では、実際に起きる問題について考えて、どのように対処できるかを考えて見ましょう。隠れてトイレをしたり、おしりが拭けなかったり、イヤイヤ言い出したりと、本当に大変です。