3歳児のオムツはずれ

子育ては「3歳児のオムツはずれ」の布ぱんつへ



変える時期

オムツはずれの最大の悩みが、トレーニングぱんつや布ぱんつに、どの段階で変えるのかという問題です。この判断は、結構 難しいもので、あまり早く変えすぎると、毎回、お漏らしに付き合わなければならなくなります。かといって、いつまでも変えなければ、それだけオムツはずれが遅くなるような不安があります。

布ぱんつ

トレーニングぱんつは、使っても使わなくてもどちらでもいいと思いますが、トレーニングぱんつや布ぱんつに変更する目安としては、おしっこをする間隔が、数時間おきになってきたり、おしっこをするサイン(例えばもじもじするとかズボンを触るとか)が表現できるようになってからチャレンジしたら良いと思います。

カルシウムに興味をもったら見る情報紹介サイト

子供の意識

こどもがお漏らしをしないから布ぱんつに変えるという感覚ではなく、はじめは、子供がお漏らしして、“お漏らしすると気持ちが悪い”という感覚を植えつけるために履かせるという感覚で履かせるほうが良いかもしれません。子供がお漏らしして親に知らせることが大切で、せっかく知らせたのに叱ってしまうと、お漏らししたことを言わなくなってしまいますので、気をつけましょうね。布ぱんつは外で遊んでいるときか部屋の中で遊ばせて目が届く時、トレーニングぱんつは外出するときや忙しくて子供に目が届かないときにはかせるなど、その状況に応じて変えるのも一つの手かもしれません。

健康のためにコンドロイチンについて知りましょう。