3歳児のオムツはずれ

子育ては「3歳児のオムツはずれ」のできたりできなかったり



違いがあるのは何故か

お漏らしする前にトイレに行けるようになったのに、時々、なぜかトイレを言えずにお漏らしすることがあります。何故なのでしょうか?その原因は色々ありますが、主な理由のひとつが遊びに集中しているときです。大人であっても何かに集中すると別のことがおろそかになることがありますが、子供の場合は遊んでいると、トイレの感覚に気づけなかったり、気づいていても、まだ遊びたいという気持ちのほうが強くてトイレに行かないまま漏らしてしまうことがあるようです。

おいしいピザのデリバリーならここ
ネットで簡単注文

ほかの事を含める

集中している子供をトイレに行かせるために、別のことを含めて声をかけることが、良い場合もあります。例えば「○○ちゃんケーキを食べる?じゃあ、トイレに行ってから食べようか」とか、別に子供の注意を引くようなことを言ってからトイレに気持ちを向かわせるのです。

声かけが大事

このように、トイレで何度かできるようになったとしても、完全にできるようになるのはまだまださきの事です。ですから大切なのは、親のほうが時間を見計らって声をかけてあげることです。水やジュースを飲んだ一時間後とか、食事の30分後など、水分を補給したりや食事をしたなら、かならず1時間以内に何度か声をかけてあげるのです。

乳酸菌の効果や効能について