3歳児のオムツはずれ

子育ては「3歳児のオムツはずれ」のまだ早いのか



周りを気にしすぎ

こうしたオムツはずしに関する悩みを抱えている人に、ワザとかどうかわかりませんが、「うちの子は2歳のはじめにおむつはずれができた」とか「まだ、○○ちゃんは取れてないの?」なんて心のない人達は平気で聞いてきます。そしてこうした言葉を聞くとつい親は不安と焦りを感じるものです。こうした人を惑わすような情報が氾濫しているため、親たちの中には2歳の頭や中頃にオムツはずれに挑戦することがあるようですが、それによって長期的に外れないために、逆にストレスを感じる親もおられます。

乳酸菌に興味をもったら見る情報紹介サイト

その子に合った時期

オムツはずれは、おしっこの間隔とかその子の意思表示能力の差によって決まってきますので、早く始めればいいというものではないのです。その子のおしっこの間隔が数時間おきになったり、自分で何らかのサインが出せるようになってから、チャレンジしたほうが良いかもしれません。それで、一度チャレンジしてなかなかできなくて落ち込んでいるなら、半年ぐらい時間を空けて、もう一度チャレンジしたほうがよい場合があります。案外、簡単に外れることもあります。

親子とも無理をしない

大切なのは、親子とも無理をしないことです。せっかくできる能力をもった子供の能力をつぶしてしまうのも、子供の状況が整ったのを見極めて、徐々に成功に導くのも親のやり方しだいです。ですからこうした様々な情報を考慮すると、オムツはずれにチャレンジするときは、親のほうも心理的にも体力的にも余裕があるときにチャレンジしたほうが良いと思います。