3歳児のオムツはずれ

子育ては「3歳児のオムツはずれ」の挑戦してみる



スタート

さて、これまでの情報を踏まえて、オムツはずれをスタートしてみるのですが、行動を起こしてから分かることもあるものです。思ってもいない問題や疑問が起こるものです。こうした思っても見ない事態が起こると、困ったことについついパニックになってしまい、過度のストレスを感じたり、うまく対応できなくなってしまいます。ですから、少しでも多くの情報を収集し、そうした自分の考えてもいないような問題についても、準備をしておくことが必要です。

問題発生

思ってもいない問題とは、どんなことがあるでしょうか?例えば、よくある問題がおしっこが出てからは教えに来てくれるのですが、どうしても出る前に教えてくれないという場合や、男の子の場合はどうやって立ってすることを教えたらいいのか、また、うんちの場合はもっと深刻で、素直にトイレでうんちをしてくれないなどの問題が発生します。

対応してゆく

しかし、このオムツはずれの進み方は子供によって違いますし、それぞれの差は大きいので、友達などとは比べないで、急がず、焦らず、ゆっくりと対応する必要があります。特に、解らないことは解らないままにせず、こうした情報を収集し、学んだことを子供に合わせて少しずつチャレンジしてゆくことが成功への第一歩といえるでしょう。言ってもまだ3歳なんです。それを忘れないようにすることは大切ですよ。そのことを忘れなければ、子供の努力も評価できますし、何よりも親自身が過度の期待をしないですむと思います。そうすることで子供はのびのびとオムツはずしに取り組んでゆけるのです。

おすすめの横浜の賃貸物件情報